Top >  しわ・たるみについて >  皮膚の構造

皮膚の構造

皮膚の構造は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3つから成り立っています。

皮膚の断面図


●表皮
外界の刺激から体の内部をまもる保護層の役割。
一番外側から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層で構成されています。
厚さは約0.06〜0.2mmで、表皮細胞(ケラチノサイト)、メラニンを作る色素細胞(メラノサイト)、アレルギーに関係するランゲルハンス細胞が存在し、およそ28日周期で生まれ変わります。
角質層には常に10〜20%の水分があり、肌の潤いを保ってくれます。天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質、皮脂が重要な役割をしています。

●真皮
厚さは、体の部位にもよりますが、表皮の約10倍くらいで、皮膚の大部分を占めています。
具体的には、約2〜3mm程度です。
主に、コラーゲン(膠原線維)と、エラスチン(弾性線維)とでできていて、これらが、網状の層を成しています。
コラーゲンとコラーゲンの間にエラスチンがバネのようにからみついているような構造です。
そして、その隙間を水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸などのムコ多糖類が埋めて、肌の張りや弾力を与えています。
真皮の約70%は、コラーゲンです。

●皮下組織
皮膚の最も内側で、皮下脂肪と呼ばれる部分です。この皮下脂肪は、体を外気の熱や寒さから守り、体の内部を守るクッションの役割や、エネルギーの貯蔵部位としての役割、また表皮や真皮に栄養を送る役割を担っています。

         

しわ・たるみについて

しわ・たるみの原因や肌の構造など、しわ・たるみに関する基本情報です。

関連エントリー

今すぐしわやたるみをとりたいとお悩みの方 皮膚の構造 小じわ 加齢によるしわ たるみとは? たるみの原因 活性酸素としわ・たるみ