Top >  しわ・たるみの部位と症状 >  まぶたのしわ・たるみ

まぶたのしわ・たるみ

まぶたの皮膚も薄く、目の運動により乾燥しやすいことから、たるみやしわが起こりやすい部位です。特に、上まぶたは脂肪も多くついている部位ですので、皮膚のハリがなくなると脂肪を支えきれず、下向きにたれてきます。

二重まぶたがはっきりしなくなってきた。
まぶたがたるんで目が重い印象になってきた。
目つきが悪く見える。

などなど、まぶたのたるみによる見た目の悩みはさまざまです。
特に、目じり寄りのまぶたが下がりやすく、いわゆる「たれ目」になる方が多いようです。
ひどい場合は、視界が狭くなるなど、生活に支障がでることもあります。

【予防】
フェイシャルマッサージ目元パックフェイスストレッチ

【代表的な対策】
フェイスストレッチ目元パックまぶたのしわ・たるみ取り手術

         

しわ・たるみの部位と症状

しわ・たるみは部位によって、原因や対策が異なります。 部位ごとの原因と対策をご紹介しています。

関連エントリー

口元 あごのたるみ、二重あご まぶたのしわ・たるみ 毛穴の開き 首のしわ 鼻の付け根のしわ 目の下のしわ・たるみ 帯状毛穴 額のしわ 眉間のしわ 目尻のしわ 頬のたるみ、法令線(ほうれい線)