Top >  しわ・たるみの治療(切らない治療) >  コラーゲン注入

コラーゲン注入

コラーゲンは皮膚の真皮層の70%を占めるたんぱく質の一種です。(皮膚の構造を参照)
コラーゲンがたっぷり含まれた肌は、ハリや弾力があり、しわやたるみもありません。
年をとるにつれ、コラーゲン生成力が衰え、コラーゲンは減少していきます。
こうして、肌細胞の代謝が衰え、しわができてもそのしわを修復することが難しくなっていきます。

そこで、出来てしまったしわに対して、外から真皮内にコラーゲンを注入して、しわの溝を埋めるというのが、このコラーゲン注入という治療です。
注入されたコラーゲンは少しずつ体内に吸収されます。

一般的にコラーゲン注入で使われるコラーゲンは牛から取ったコラーゲンが多いようです。(ザイダーム、ザイプラスト)
日本では、1987年に厚生労働省より皮膚の変形やへこみ修復のための使用することが許可されました。

使用の前には、必ずアレルギーテストが必要です。
アレルギーテストは、腕に少量のコラーゲンを注入してみて、数週間反応を観察します。
約3%の人に、アレルギー反応が見られるそうです。

もう一つ、人の線維芽細胞から抽出したヒトコラーゲンも使用されます。(コスモダーム、コスモプラスト)
ヒトコラーゲンの場合には、アレルギーテストなしで注入できますが、アレルギー体質の人は念のためお医者様に相談したほうがよいでしょう。

★コラーゲンにリドカインという麻酔物質が含まれており痛みはあまりない
★効果の持続期間は半年から1年
★ヒアルロン酸よりも皮膚へのなじみがよい
★料金:5〜12万円程度

         

しわ・たるみの治療(切らない治療)

主に、美容外科で受けられるメスを使わないしわ・たるみの治療について取り上げています。

関連エントリー

フォトフェイシャル フォトRF ポラリス ボトックス注入 コラーゲン注入 ヒアルロン酸注入 サーマクール